職業適性診断とは

適職に迷ったら試したい職業適性診断

自分に向いている仕事

新卒で仕事を決めるときはもちろんですが、いまやっている仕事を辞めて、新しい仕事を探そうという場合などには誰もが自分に合った仕事について考えるはずです。

もちろん仕事探しをする場合には、どんな仕事につきたいか、自分に向いているのはどんな仕事なのかという点について、しっかりと自己分析をしたうえで取り組むという人がほとんどだと思いますが、果たしてその自己分析は正しいでしょうか?

実は自分にはもっとぴったりな仕事があるのではないか?などと感じたことがある人もいるのではないでしょうか。また、就職活動で失敗し続けると、自分が目指している職業が間違っているのではないか?などと疑心暗鬼になってしまう人も少なくありません。

適職診断を受けてみる

自分に向いている仕事がわからない、適職を見極めたい…そんな時に活用できるのが、適性検査の一種である職業適性検査です。

職業適性検査は、さまざまな機関が製作している適性検査の一種で、ペーパーテストやWebテスト形式で設問に答えていくと、その人にあった職業や職種などを導き出してくれるというものです。

職業適性検査で有名なものとしては、社団法人雇用問題研究会が提供しているGeneral Aptitude Test Battery、通称「GATB」と呼ばれるものがあげられます。

GATBは、適性のうち能力に関する特徴を把握することができるテストで、ペーパーテストと専用の器具を使用する器具検査と呼ばれる検査があります。

GATBでは、一般学習能力だけでなく、言語能力や計算などに関わる数理能力、対象を素早く知覚する書記的知覚や、立体形などを理解する空間判断力などについての脳力診断をすることができます。

GATBは主に学校や職業訓練校などで受験することができますが、ハローワークなどでも定期的に実施されていますから、気になる場合は個人で受けてみるとよいのではないでしょうか。

職業適性診断にはGATBのほかにVCAPと呼ばれるものもあり、こちらはWebで簡易無料診断をすることができます。